大黒天物産の年収と福利厚生

▮大黒天物産の年代別年収・給与

大黒天物産は東証一部の上場企業ですが、給与は世間のサラリーマンと比べてもかなり安い会社です。大卒新入社員は年収200万円からスタートし、中堅と呼ばれる30代で300万円台、40代でも役職についていなければ400万円台です。高卒社員の場合はもっと下がるでしょう。実際に役職のない40代の方に給与明細を見せてもらったことがありますが、月給の手取りは22万円程度でした。部長職になれば年収で800万円くらいになるという話を聞いたことがありますが(部長ポストの求人募集で年収800万円と提示されていたそうです)、役職のポスト数が少ないので、そんな人はごくわずかだと言ってよいでしょう。

店舗を支えるパート・アルバイト社員の時給も低く、店舗によっても違いますが、パート社員の賃金は総じて最低賃金より少し高い程度です。ラム―など「驚きの安さ!」を売りにしたディスカウントストアを運営しているが故に、社員やパート・アルバイトの給料も激安になっています。

賞与は年2回(7月、12月)で2ヶ月分が支給され、これに加えて決算賞与(業績による)がありますが、スズメの涙ほどしかもらえないため、ボーナスで何か買おうとか、そういう発想にはなりません。給料日もワクワクしません。お金に強い興味があるのならば、大黒天物産株式会社には就職しない方がよいと思います。銀行などと比べると、生涯賃金はかなり低いです。


▮大黒天物産の役職別年収・給与

役職別の年収は部長800万円、次長700万円、課長600万円、マネージャー500万円、主任400万円、役職のない平社員は300万円台です。年収1000万円を超えるには役員まで昇進しなければ不可能だと思います。ポジションではマネージャーまでは努力次第で誰でもなれますが、課長以上は基本的にポストが空かないと昇進できない仕組みになっています。所謂「部付部長」「○○課課長」は存在しません。次長も例外を除けば、原則部内に一人しかいません。

マネージャーは課長一歩前の役職で、管理職ではないのですが、採用条件によっては、マネージャーから残業代が付かないようになっているようです。中途採用で入社する人は、残業代の有無について聞いてみた方がよいと思います。

▮大黒天物産の福利厚生

福利厚生は、職能手当、従業員持株会、家賃補助制度などがありますが、独身寮や社宅などはありません。唯一、家族手当は手厚く、配偶者で5,000円、第一子で10,000円が支給されます。 一般的な福利厚生以外は、宗教(幸福の科学)系列の施設利用料の割引等しかありません。店舗には毎月幸福の科学からの会報誌が届きます(これを福利厚生と呼んで良いかは疑問ですが)。

従業員持株会に入会して株式を購入して株主になれば、株主優待を受け取ることもできます。株主優待は大黒天物産が扱っている産地直送の果物です。優待品のグレードは持株数によって変わってきますが、岡山発祥の企業なので、岡山の名産品である「ぶどう」が多いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿